「めんそーれ沖縄味と技展」

6月2日〜8日 阪神百貨店

 大阪・梅田の阪神百貨店で行われていた「めんそーれ沖縄味と技展」(主催=沖縄県、沖縄県物産公社)に6月5日の日曜日、正午過ぎに行って来ました。
 当日の大阪は、曇り空で半袖では少し肌寒い感じがし、いつも暑いイメージがある沖縄の物産展ですが、今回は天気に恵まれませんでした。会場も賑わってはいましたが、長蛇の行列は見かけませんでした。

 「沖縄全47蔵から泡盛150種が勢揃い!」とチラシでうたっており、興味津々で一番に泡盛のブースに直行。多くの方が試飲をしており、中には「物産展で買うより量販店で買った方が安いな」という会話も聞かれましたが、なかなか手に入らないものもいくつかあり、喜んで購入する人の姿も見られました。とにかく種類が多く、中でも古酒は大人気でした。

 「人間国宝 金城次郎追悼展」の壷屋焼陶器コーナーは、年配のお客さんに人気があり、色々な作品が並んでいましたがとても高価。 グラスコーラルで、私の気にいった花瓶(15万円)を眺めていると、店の人が「若い方が先生の作品に興味を持ってくれるのが一番嬉しいので、10万円で良いですよ」と言われ、「5万円も値引きできるのかと」と驚いてしまいました。

 沖縄Tシャツは人気ですね。大阪でも「海人」とプリントされたTシャツを着ている人を良く見かけます。沖縄の風景をモチーフにしたTシャツ(紅型風プリントやガジャマル、2625円〜3990円)も人気でした。子供用から大人用まであるので家族で買っている人もいました。インターネットでも買えるので、お気に入りを探して後でネットで購入するのもいいですね。

 ココスアイランドのアクセサリー「ちゅら玉」は、新製品のネックレス(「恋ほたる」3150円・「海ほたる」3860円)が出ていました。写真で紹介できないのが残念ですが、人気のでる商品だと思いました。

 化粧品コーナーで気になったのがサウザの商品。沖縄もずくから抽出したフコイダンが使われた商品で、ソープは1個2940円。実演で石鹸を使って手を洗ってもらったら、しっとりすべすべになりました。通信販売でも買えますが、物産展では基礎化粧品をセットで買うと、この石鹸が付いてくるというお得な点もありました。沖縄モズク、サトウキビ、ヘチマ、ウコン、ヨモギ等を原料とした自然の化粧品はいいですね。

 食品のコーナーでは、前回の物産展でも気になっていたのが、伊礼商店の「黒糖アガラサー」=下の写真=。 「サーターアンダーギー」を上回る勢いを感じました。黒糖を使った蒸しパンですが、油で揚げていないのでヘルシーだというお客さんの声もあり人気でした。
 実際に買って帰りに食べてみたら、“懐かしいおばあちゃんの手作り”を思わせる素朴な味で美味しかったです。実演の蒸したて販売は柔らかくておいしそうでしたが、持ち帰って少し冷えて固まった状態でもとてもおいしかったです。値段は1個210円だったと思います。

 お食事処は首里そば(「沖縄そば」798円)が1店だけ出ていました。長蛇の列とは言えないけど人気でした。

 「ブルーシールのアイスクリーム」は、いつもより列が少なかったです。会場内の温度もですが、外の天気が悪かったのが影響していた気がします。
 ロータリードライブインの「ジャンボチーズバーガー」(1個700円)は実演販売で、1人2個の限定販売。1人では食べきれない大きさですが、結構人気があり会場内で食べている人が多かったです。「どうして2個の限定ですか」とたずねると、「実演で一度にたくさんは焼けないから」との返事。私もあまりの大きに食べきれませんでしたが、とても美味しかったです。

 沖縄の物産展は、現地から来ている人が多いのでしょうか。現地の人とのふれあいは、楽しみでもあり、いつも温かいものを感じます。まじる商店では小さなお子さん用の絵の付いた「沖縄方言の50音表」が売っていました。物産展は、色々な商品に出会えたり発見出来るのがとても楽しいです。







ちらし 会場
あがらさ
伊礼商店の「黒糖アガラサー」
ばーがー
「ジャンボチーズバーガー」
つぼ
「人間国宝 金城次郎追悼展」の壷屋焼陶器コーナー

地域産品チャネル トップページへ

Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます