「よかたい熊本味と技展」

3月23日〜29日 阪神百貨店

 3月23日(木)〜29日(水)に行われた「熊本味と技展」(主催:熊本県物産振興協議会、協賛:日本航空)に26日日曜日の昼過ぎに行ってきました。天気も良く会場は、2時を過ぎた頃から多くの人で賑わってきました。
 今回の新聞広告は大きくカラー刷で、とてもわかりやすく見やすかったです。またお酒以外には限定商品がなかったので、何処もゆっくりと見て回ることができました。会場内は年配の客が多かったように思いましたが、徐々に家族連れも増えて賑わってきました。

 会場は、まるで近所の商店街で会話を楽しみながら買い物をしていて、「今夜の夕食に熊本の郷土の味を楽しみたい」と思わせるような温かさを感じさせました。
 茶屋では、味千拉麺の「トントロラーメン」(810円)と栗山屋の「桜どんぶり」(1050円)が人気でした。「桜どんぶり」は、トロロ芋にスライスの玉ねぎ馬刺しと脂ののったものです。好きな人にはたまらないですね。どちらも客が途切れることなく入っていました。
 肥後地鶏「亀の甲」の「天草大王コロコロ焼き」は試食で購入する人が多く、とても美味しい地鶏です。

 行列ができていたのは、くま純の「いきなり団子」(126円)。とても人気でしたが、試食が出来なかったのが少し残念でした。
 広告にも紹介されていた高見商店の「晩白柚(ばんぺいゆ)」は直径が18センチほどある大きなミカンで、1個が1260円するのには驚きました。デパ地下では2000円ほどで売られているそうです。買って帰り食べたところ、はっさくの味に似て美味しく、「熊本の土産には良いな」と思いました。頂いたら嬉しい商品です。
 ふくとくの「からし蓮根」(100g410円)も人気がありました。松合食品の「てんこ盛味噌」(1 盛1050円)は、店の人のパフォーマンスが面白くて客受けが良く、1盛4kgほどあり、安くて良く売れていました。

 スイーツでは沖縄のサーターアンダギーに似た菓子を見つけました。フジバンビの「黒糖ドーナツ棒」(箱入り20本630円と箱入り40本1260円)です。黒糖の優しい甘さとカラッとしていて、油っこくなく素朴な味がすごく美味しく、ひとつ一つ包装されているのでお土産にもいいと思いました。
 黒糖味のほかに蜂蜜味もあり、どちらも少量パック(10本ほど袋入り315円)が良く売れていました。
 阿蘇ミルク牧場の「牛乳」「コーヒー牛乳」(各200ml入210円)は、その場で飲む人が多く、飛ぶように売れていました。

 雑貨品で目を引いたのは、福ふくまねきやの「ふくろうグッズ」。しばらくその場で足が止まり、商品を眺めていました。店主は、「自分で作ったものや、デザインして作らせたものがある」と言っていましたが、なんともいえない可愛らしさと癒しの感じが良かったです。どれも商品の魅力と“安い”という客の声が多く、購入する人が多かったです。
 「ふくろうランプ」(1050円)から「手彫りのふくろう」、店主自ら筆で言葉を書いた飾り物など、温かさを感じる品々で、その場でお客さんの求める言葉も書いてもらえます。昨年の物産展に初出展して、今回は2度目と言っていましたが、来年も是非出展してほしいと思いました。

 球磨焼酎のコーナーでは、ワインのソムリエ米野真理子さんと球磨焼酎メーカー3社とのコラボレーションで作られた「こめの焼酎」(750ml各1680円〜2835円)に目が止まりました。 中味は地元の球磨米を使った焼酎ですが、瓶にはワインリユースボトルが使われ、ラベルもワイン風で焼酎なのに見た目がまるでワインでした。
 そのほか、健康茶・自然派せっけん・竹炭・椿油と言った健康志向の商品も多く出品されていました。

 今回の物産展では、旅行が当たるスタンプラリーも行われており楽しかったですが、スタンプラリーの用紙に客の感想を書き込めるところも設けると、消費者の意見が反映されて良いなと思いました。













ちらし 会場
ドーナツ棒
フジバンビの「黒糖ドーナツ棒」
晩白柚
直径が18センチほどある「晩白柚(ばんぺいゆ)」
焼酎
ワインリユースボトルが使われラベルもワイン風の焼酎
福ふくまねきや
福ふくまねきやの「ふくろうグッズ」
福ふくまねきや
福ふくまねきや
福ふくまねきや
福ふくまねきやの「ふくろうランプ」
ふくろう
福ふくまねきやの「手彫りふくろう」

地域産品チャネル トップページへ

Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます