「めんそーれ沖縄味と技展」

5月31日(水)〜6月6日(火) 阪神梅田本店

 大阪・梅田の阪神百貨店で開催された「めんそーれ沖縄味と技展」(主催=沖縄県・沖縄県物産公社)に4日の日曜日10時過ぎに行って来ました。新聞の折込チラシを見ると初登場のところが多かったのですごく楽しみに出かけました。
 会場に着くと、時間が早かったせいか、思っていたほど混んでいなくて、並ぶと行った光景も見られませんでした。11時を過ぎた頃から家族連れなどで会場は混んできました。

 まず初登場の店を見て回りました。1番人気だったのがSu-Su-Soonの“創作ロール寿司”。「アーサージーマーミー巻」「ゴーヤ巻」(各8個945円)、「創作ちらしすし」(1折1050円)どれも実演販売で良く売れていました。
 「創作ちらしすし」を買って食べましたが、具材が多く今までに食べたことの無いようなちらしで、白米の上に、黒米・かんぴょうとしいたけの甘煮・うなぎ・きゅうり・アボガド・たまご焼き・すじこ・エビ・つぼづけ・白ごまなどが乗っています。別の容器に「海ぶどう」が付いていて、ほんとに味も良くて美味しかったです。

 お菓子のマルシェの「パウンドケーキ」(泡盛パイン、黒糖バナナ各1箱525円)と「石垣の塩クッキー」(14枚315円)は、試食をしてとても美味しかったので買って帰りました。
 「パウンドケーキ」は程よい甘さで、黒糖とバナナの香りがして、とても美味しかったです。「塩クッキー」は、口の中に入れると塩の味がして、その後なんともいえない甘さが口の中で広がる絶妙な味わい。石垣島でしか買えないとのことで、地元では大人気で、お土産によく売れているそうです。是非もう一度食べたいと思いました。
 まるぜん蒲鉾では、とても可愛い「シーサー蒲鉾」(200円位)を見つけましたが、あっという間に売り切れていました。

 わしたショップでは、沖縄の特産品や地域限定の菓子などがたくさんあり、沖縄の色々な食材がまとめて売られているので、大人から子供まで大勢の人で賑わっていました。
 ブルーシールの「アイスクリーム」(ソフト300円・カップ200円)は行列ができて良く売れていましたが、持ち帰りの人は少なかったです。気になったのが大きな箱の「アイスクリーム」を半額の420円で売っていたこと。「一度溶けたため、味には変わりは無いですが食感が少し悪いです」と書いて売っていたのには驚きました。地元の店でならともかく、物産展の会場では誰も買わない気がしました。

 茶屋では、次郎坊の「ゴーヤチャンプル定食」(1050円)と、うちなー家の「ソーキそば」(788円)が人気で、客が良く入っていました。
 初登場のそばダイニング舞天の「沖縄すばカリーセット」(788円)はキッチンテーブルになっていて、通路に背中を向けて食べるため、落ち着かない感じがしました。
 サーターアンダギーに負けず人気の出てきた伊礼商店の「黒糖アガラサー」(1個210円)は、実演でよく売れていました。横にあった「紅芋もちポーポー」がちょと気になり、次回は必ず購入してみたいと思います。

 クレパス画家の「アリカワコウヘイ」コーナーでは、絵画やTシャツ・ポストカードの販売をしており、本人が注文を受けた似顔絵を会場で描いていました。 アリカワさんの描く絵はとても可愛い絵です。きっと今回の物産展で「アリカワコウヘイ」を知った方が多かったのではないでしょうか。沖縄では大人気だそうです。
 サンフレンドの「かりゆしウエア」(1着6300円〜)は若い人から年配の方に結構な人気で、アロハや蝶の柄など色々揃えていました。

 事前にインターネットで今回の物産展情報を検索したら、来場者へのプレゼントがあり、わしたコーナーへ印刷して持っていくと、「月桃アセロラ茶」(500ml)をもらえました。このような企画は嬉しいですね。
 今回の物産展では、伝統工芸品・健康茶・沖縄の食品・コスメ関係なども多く出店されており、「選りすぐりの8蔵の泡盛の試飲販売」も良かったです。限定などは少なかったですが、初登場が多く、とても楽しめた物産展でした。






看板 かりゆし
かまぼこ
まるぜん蒲鉾の「シーサー蒲鉾」
すし
創作ちらしすし」
バナナケーキ
お菓子のマルシェ「パウンドケーキ」
塩クッキー
お菓子のマルシェ「石垣の塩クッキー」
クレパス
クレパス画家「アリカワコウヘイ」作品

地域産品チャネル トップページへ

Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます