「信州物産展」

9月17日〜21日 そごう心斎橋本店

 9月20日(土)の正午過ぎに物産展に行ってきました。前日の台風も過ぎ去り、気温が31度と暑い日でした。
 そごう心斎橋本店は、開店3周年を迎えます。地下鉄の改札を出るとすぐ地下1階(食料品売り場)の入り口があり、物産展の看板がでていました。 物産展会場は地下2階で、スペースは、さほど大きくなかったですが、食品ばかり27社が出展して信州のおいしい名物が並んでいました。

 会場は混み合う感じはなく、年配の夫婦や女性客が目立ち、小さな子ども連れなどはほとんど見られず、高級感が漂っていました。
 茶屋は30席のスペースで、戸隠蕎麦山故峡と中吉が出店していました。入り口で食券を購入すると、同じ茶屋で異なる店の味が楽しめるのは、グループ客には良いと思いました。
 入れ替わり客が入っていて、「信州蓼科牛丼」(1,001円)よりも「ざるそば」(788円)や「天ぷらざるそば」(1,470円)を注文する人が多かったです。
 私は「山菜蕎麦」(945円)を食べました。そばは喉越がよく山菜もおいしかったですが、温かいそばは、汁が関西と違い少し濃いめです。 同席した関西の人は、「ざるそば」がおいしいと言っていました。

 就一郎漬本舗で試食をしておいしかった「野沢菜漬」「野沢菜すだち漬け」「野沢菜油炒め」を購入しました。420円からの商品が3つで1,000円とお買い得でした。 「すだち漬け」は、信州でも同店だけが作っているそうです。安曇野産野沢菜をアルプスの雪解け水で洗って漬けている為、3ヵ月冷凍保存が出来るということでした。

 林檎屋本舗で「バターりんごどら焼き」(1個180円)を試食して購入しました。信州産のフジりんごとバターが餡と一緒に入っていて、 洋菓子と和菓子が合わさった味でおいしかったです。また、「おろしりんごジュース」(210円)は、フジりんご100%をすりおろしてあり、甘く濃厚でおいしく、りんごそのものの感じでした。

 よく売れていたのが実演販売していたいろは堂の「炉ばたのおやき」(151円〜)でした。具材が野沢菜、つぶあん、ねぎみそ、かぼちゃ、山菜など9種類あり、 1番人気は野沢菜のおやきでした。皮の部分は、小麦粉とそば粉で出来ているのですが、パイ生地のような食感で、中の具はどれもヘルシーで、冷めてもとてもおいしかったです。

 入り口で1番目立っていたのが、実演販売の木曽奈良井宿つちやの「五平餅」(1本158円)です。秘伝のみそだれが甘辛くおいしかったのですが、 冷めると餅が固かったので少し残念でした。今度は出来たての温かいのを食べてみたいと思います。
 八幡屋礒五郎では、「一味唐辛子」(袋入20g361円)と七味唐辛子(缶入14g361円)を買いました。茶屋に置いてあり、そばを食べる時に目に付いたのがきっかけです。 香りが良く、ゆず入りなどもありました。辛さは大・中・小と分かれていて、好みで選ぶことができます。

 大きな物産展とは違い、ゆったりとしたスペースで、ゆっくりと見て回れたのが良かったです。


ポスター
そば
茶屋の「山菜そば」
野沢菜漬
就一郎漬本舗「野沢菜漬」
野沢菜漬
就一郎漬本舗「野沢菜すだち漬」
野沢菜油炒め
就一郎漬本舗「野沢菜油炒め」
野沢菜油炒め
就一郎漬本舗「野沢菜油炒め」
バターりんごどら焼き
林檎屋本舗「バターりんごどら焼き」
おろしりんご
林檎屋本舗「おろしりんご」
おやき
いろは堂「炉ばたのおやき」(野沢菜・ねぎみそ・かぼちゃ)
五平餅
木曽奈良井宿つちや「五平餅」
七味唐辛子
八幡屋礒五郎「七味唐辛子」

一味唐辛子
八幡屋礒五郎「一味唐辛子」

地域産品チャネル トップページへ

Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます