「MBSちちんぷいぷい」物産展

4月14日〜20日 阪急百貨店うめだ本店

 阪急うめだ本店は昨秋から建替え工事を行っているため、今年は新館で開催されました。会場が狭い関係から10階(食品)と 11階(工芸品)に分けて行われ、初登場も23社と多く食品・工芸品を合わせて85社の出店でした。
 17日(土)の午後2時過ぎに足を運びましたが、当日はエレベーターもエスカレーターも混雑しており、催事会場に到着するまで時間がかかりました。 会場はすごい人で、身動きするのも大変でした。

 「MBSちちんぷいぷい物産展」は、TV番組の中で紹介された人気の品々が勢揃いします。
 毎回、楽しみにしているのが、番組に出演している9人のシェフが作る弁当です。新聞広告で「ぷいぷい助六」(980円)=写真=の整理券1500個分は朝9時から配られる とのことでしたので、諦めていましたが、取りに来なかった人の分を並んで購入することができました。
 今回の「ぷいぷい助六」は、値段も手頃で、とてもおいしく満足できました。

 キャレード・ミュー(京都)と女子アナがコラボした「ぷいぷいロールケーキ」も朝9時に整理券が配られ完売していました。
 初出店したヤタロー(静岡)の「治一郎のバームクーヘン」(直径15cm・高さ8cm、1801円)=写真=には行列ができており、試食はなかったですが、 購入しました。口の中に入れるととろけるような食感と、上品な甘さでおいしかったです。お土産に2〜3個を買う人も多かったです。

 パティスリー・ドゥ・シェフアサヤマ(兵庫)の「メルモ」(525円)=写真=は、やわらかな求肥で包まれた見た目にもおいしそうな桃の形をしたケーキ。 マスカルポーネチーズを使った桃味のムースで、口のなかでとろけるおいしさでした。  

 11階会場では垣谷繊維(奈良)の「白雪ふきん」(368円)に大勢の人が集まっていました。奈良伝統の名産である高級蚊帳生地を友禅染めしたふきんです。 色々な柄のふきんがあり、まとめて買う人も多かったです。
 「白雪スクワランうるおいたおる」(1365円)=写真=も人気で、コンパクトサイズは売り切れていました。とても売れているのに、レジが売り場から離れているため、 買うのに時間がかかり少し残念でした。

 「ちちんぷいぷいグッズコーナー」は両会場にあり、子供達に人気でした。ただ今回は会場が狭いためか、茶屋や休憩場所などは設けていませんでした。
 番組内で紹介される商品だけに影響は大きく、「テレビで見たあれが食べたい。これが欲しい」と言った感じで、楽しみに買い物に来ている人が多かったです。
 百貨店の人に聞くと、初日はもっと人が多かったそうです。平成12年春の本館完成のグランドオープンまでは新館での物産展になるようです。

 昨年秋は阪神百貨店で初めて「ちちんぷいぷい物産展」が開催されました。阪急本店に戻ってきて嬉しかったのですが、今年の秋も阪神百貨店で開催していただけたら嬉しいですね。
 人気のあまり、今回は阪急百貨店の千里店、川西店、西宮店でも番組オリジナル商品やグッズなどを中心に、「ちちんぷいぷい物産展」のミニ版を4月21日〜5月4日に かけて開催するとのことで、梅田本店まで行けない人にとっては、嬉しいことだと思いました。
 「ちちんぷいぷい物産展」は各地方の物産展とは違い、全国から選りすぐられた品々が揃う魅力があります。  


ちらし 助六
ぷいぷい助六
バームクーヘン
治一郎のバームクーヘン
バウムクーヘン
めるも
桃の形をした「メルモ」
タオル
白雪スクワランうるおいたおる

地域産品チャネル トップページへ

Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます