第17回東北六県味と技紀行

7月21日〜27日 近鉄阿倍野本店

 恒例の東北物産展。震災後は初の開催だったので出展者のことなど気になりながら、7月23日(土)午後3時頃に足を運ぶと、 会場は大勢の人で賑わっていて、「けっぱれ(がんばれ)東北!頑張ってます東北!」の気持ちがとても伝わってきました。
 本来なら4月末の予定でしたが、3ヵ月遅れての開催です。百貨店側と出展者の間で何度も話し合いを重ねて、開催にこぎつけたそうです。56社(うち工芸品10社)が出展していました。

 アンジェリーナ(宮城)で「旨塩ずんだシュー」(231円)を購入しました。ずんだが入ったクリームの甘さは控えめですが、塩味が上品な甘さを出し、外のシュー生地はしっかりしていて とても美味しかったです。地元から来た販売員の女性は、「津波で家族がみんな被災しヘリコプターで救助された」と話していました。
 丸由水産(福島)で小名浜名産の「ささ干」を試食。美味しかったので、サンマとアジを合わせて5尾(1050円)購入しました。干物なのに焼いて食べると新鮮で塩加減も良く、 柔らかくて骨まで食べることができました。

 松栄堂(岩手)で「ごま摺り団子」4個入と「ずんだ団子」4個入がセットになった商品(525円)を購入しました。外はモチモチで、中はとろける黒ゴマとずんだの餡で美味しく、 お土産に安くて良いと思いました。
 会津喜多方ラーメン館(福島)で「つけ麺(5食)」に玉子とメンマを付けて1155円で購入。豚骨、鶏ガラ、和風だしの濃厚タレですが、あっさりして関西人に合いました。

 富久屋煎餅店(青森)で、ねぶた祭が描かれた缶入の「南部煎餅」を購入。ピーナツ入と黒ゴマ入2種類が22枚入っています。職場に持って行くと、とても美味しいと評判で、缶も喜ばれました。
 牛たん炭火焼利久(宮城)では「牛たん弁当」が1時間待ちでしたが、1時間後に取りに行く予約制で、並ばなくてすんだのも良かったです。

 新杵屋(山形)では、駅弁で有名な「牛肉どまん中」(1100円)の新商品、“塩味”が出ていたので購入しました。胡椒付で、かけて食べると牛肉の味がいっそう引き立ち美味しかったです。 「レモンをしぼってかけても美味しい」と言っていました。
 小林水産(秋田)で「ぎばさ」という海藻を試食して購入しました。ひじきの仲間で、細かく切って混ぜると山芋やオクラのようにネバネバになり、だしつゆで和えて食べます。 刻んで冷凍された商品は解凍してご飯に混ぜて食べると美味しいです。健康に良い感じがしました。

 「がんばろう、日本」の文字入りタオルも500円で販売していました。今治タオルのブランドマーク付商品で、収益金はすべて被災地に届けられるそうです。私も1枚購入しました。
 東北の障害者施設で作られた財布や菓子などの産品直売会や野菜即売会も行われたほか、休憩スペースでは、世界遺産に登録された岩手・平泉地区の写真パネルも展示されていました。

 今回の物産展では、地元から来た人に直接震災の話を聞くことができました。毎回出展している寿司割烹若大将(岩手)は、津波で店舗が流されてしまい大変な中、 百貨店側の協力で今回出展できたそうです。
 自分のことよりも、物産展仲間のことを心配して話しをしてくれる人や、今回の為にみんなが力を合わせて頑張ったこと等を聞いて、涙が出てきました。
 東北の人は頑張っています。私達にできることは商品を購入することだと改めて思い、今回はいつも以上に買い物させていただきました。とても心温まる物産展で、逆に元気をもらいました。

 皆さん、物産展に出かけていっぱい買い物をしましょう!!



栗駒フーズ
栗駒フーズでは「ソフトクリーム」が人気
ずんだ餅
「ずんだ餅」の実演販売に行列
シュー
アンジェリーナの「旨塩ずんだシュー」
干物
丸由水産の「小名浜名産 ささ干」」
ごますり団子
松栄堂の「ごま摺り団子」と「ずんだ団子」セット
つけ麺
会津喜多方ラーメン館「つけ麺(5食)」
南部煎餅
富久屋煎餅店の缶入「南部煎餅」
牛肉どまん中
新杵屋の「牛肉どまん中 塩味」
ぎばさ
小林水産の「ぎばさ」
タオル
「がんばろう、日本」のタオル
外観
阿部野キューズモール
 近鉄阿倍野百貨店の横向かい側には、4月に「阿部野キューズモール」という大型 ショッピングモールができ、今までにない人の多さで賑わっています。物産展へもま すます人が流れることでしょう。

地域産品チャネル トップページへ

Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます