大北海道展

10月13日〜26日 近鉄阿倍野本店

 近鉄阿倍野本店の「大北海道展」が10月13日〜26日の2週間にわたって開催されました。
 第1弾と2弾に分けて行われ、 私は1週目の10月16日(日)午後2時頃会場に足を運びましたが、大勢の客で賑わっていました。(1週目は食品・工芸品を合わせ81店が出店)。

 9階の会場隅にあるエレベーターを降りてすぐ目に入ってきたのが純連(札幌)の茶屋。「みそらーめん」(851円)に行列ができており、 持ち帰り用は1食630円(みそ・塩・醤油味)で販売していました。

 人気の海鮮弁当では、雑魚亭(札幌)に行列ができていました。
 雑魚亭の「碧海」、あすなろロードとかち(清水町)の「牛ヒレステーキ重」、札幌鮨九(札幌)の「にぎわい弁当」、食堂丸善(利尻富士町)の「うにめし海鮮丼」、 北海道弥助(札幌)の「浜めしかにロール」が、各日限定100個を1050円の特別価格で販売されており、朝に整理券が配布され、どれも人気で売り切れていました。

 スイーツの方では、YOSHIMI(札幌)で新商品の「札幌おかきoh!焼きとうきび」(630円)が販売されていました。
 また、ロイズコンフェクト(札幌)では、 新商品の「ポップコーンチョコレート」(525円)が良く売れていました。甘さ控えめのチョコとアーモンドの香ばしさと塩味がマッチしておいしかったです。

 ルタオの姉妹店「ルタオ パトス」(札幌)が関西初登場。オープン記念として作られた「ルタオ・プレミア・まあある」は、ミルクチョコ味とホワイトチョコ味の2種類 (各4個入525円)があり、試食をしておいしかったのでホワイトチョコ味の方を買いました。
 ホワイトチョコにドライいちごやラズベリーが混ざったクランチチョコで、1枚がとても食べ応えのある菓子でした。他に線路をイメージしたチョコケーキ「ルタオママン」 (3個入735円)や「レモンピユーレを練り込んだケーキ「レイルショコラ」(6個入1050円)がありました。

 ファームヌーボー(千歳)は「ひよこプリン」が有名ですが、店員に勧められて2種類のプリンを購入しました。1つは冷凍保存が効く一口サイズのプリン(15個入1050円)で、 解凍してから食べても良いし、そのまま口の中で溶かして食べることもできて、おいしかったです。
 もう1つは、蒸しても焼いてもいない生のプリンで、 卵の味がしっかりしていて滑らかでおいしかったです。

 牛の里(白老町)では、「ビーフハンバーグ」(4個入1050円)を客に勧められたこともあり、買って帰りました。
 常連客が多いようで、初めて食べましたが、 黒毛和牛「白老牛」を使ったハンバーグは、とても柔らかくて肉の味がしっかりしていておいしく、子どもからお年寄りまで喜ばれる気がしました。

 会場には、新企画のコンビニ「北海道新発見ファクトリー」も展開し、北海道の色々な菓子・ラーメン・米など沢山の食品が並び人気でした。

 いつも感じるのですが、佃善(札幌)の「じゃが豚」とベイストリースナッフルス(函館)の「チーズオムレット」は、試食もすごいのですが、 何と言っても店員の気持ちのこもった客への対応を見ていて、気持ちが良かったです。

 当日は、会場がとても暑くて、あすなろファーミング(清水町)の「ソフトクリーム」や余市物産(余市町)のジュース類も良く売れていました。
 また、会場中央にある「こもれびの広場」が休憩スペースになっていて、机とイスが用意され、購入したものを広げて食べることができます。会場に飲食ができる場所があるのは嬉しいです。



エレベーター
エレベーターでもPR
会場風景
会場風景
ポップコーンチョコ
ロイズの新商品「ポップコーンチョコ」
新じゃがポテトチップチョコ
ロイズの期間限定「新じゃがポテトチップチョコ」
ルタオ・プレミア・まあある
ルタオ パトスの「ルタオ・プレミア・まあある」
ルタオ パトスの売場
「ルタオ・プレミア・まあある」売場
一口サイズ冷凍プリン
ファームヌーボーの一口サイズ冷凍プリン
生プリン
ファームヌーボーの生プリン
ビーフハンバーグ
牛の里「ビーフハンバーグ」
 

地域産品チャネル トップページへ

Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます