平成13年度全国推奨観光土産品審査会、大臣賞など決まる

 全国観光土産品連盟と日本商工会議所の主催による「平成13年度(第42回)全国推奨観光土産品審査会」が昨年12月に 東京商工会議所ビルで行われ、大臣賞は菓子部門の厚生大臣賞に「長寿いも」(小泉製菓/青森)、食品部門の農林水産大臣賞に「つつうなぎ」(魚伊商店/滋賀)、 民芸部門の国土交通大臣賞に「ちりめんだより」(ちりめん工芸館/京都)、工芸部門の経済産業大臣賞に「北上夜曲オルゴール」(展勝地レストハウス/岩手)が それぞれ選ばれた。
 審査会には菓子、食品、民芸、工芸の4部門合計で1018点の出品があり、大臣賞のほか日本商工会議所会頭賞、全国商工会連合会会長賞、日本観光協会会長賞などに合わせて39 点が入賞した。
ちりめんだより
 ちりめんで作った絵はがき「ちりめんだより」
北上夜曲
「北上夜曲オルゴール」
つつうなぎ
 竹筒入りの「つつうなぎ」
 北上夜曲
 厚生大臣賞の「長寿いも」

東京・吉祥寺に沖縄特産品の店「おきなわ市場」

おきなわ市場 東京・吉祥寺駅北口の朝日通り商店街(通称ハモニカ横丁)に昨年6月オープンした 沖縄特産品の店「おきなわ市場」は約5坪と小さいが、駅から徒歩2分という好立地だけに、連日にぎわいを見せている。
 オープンから半年ほど経つが、「なんとか軌道に乗ってきた」(三浦さん)と確かな手ごたえを感じているようだ。  販売点数は健康食品を主力に 100点ほどで、売れ筋は「シークヮーサー」や「黒糖」、「もずく」、「ウコン」など。また「サーターアンダギー」はバラ(1個100円) で販売している。
 吉祥寺は若者に人気のある街で、若い人には話題性のある「サーターアンダギー」や乾燥梅の「スッパイマン」が人気という。
(おきなわ市場=武蔵野市吉祥寺本町1-1-9、TEL 0422-29-0351)

料理の鉄人 陳建一の中華点心が土産品に
陳建一の中華点心 東京駅八重洲口地下名店街のTSD東京みやげセンターでは12月中旬から、料理の鉄人 陳建一の中華点心の販売を始めた。
 商品は「チャイナステック」(ポークとエビチリの2種類で各5個入1000円)と「チャイナふうふう」(シューマイ10個1200円)。 「チャイナステック」は、弾力性のある老麺生地を使ったモチモチ感が特徴だ。

 最近、惣菜類の土産品へのニーズが高まってきているが、そうした中、テレビなどにもよく登場する料理の鉄人が手掛ける商品だけに動向が注目される。

 HOME

Copyright 2002 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます