「全国推奨観光土産品審査会」の入賞者表彰式行われる

表彰式風景  「平成13年度第42回全国推奨観光土産品審査会」の入賞者表彰式が2月1日、東京・丸の内の東商ビルで行われ、全国から受賞関係者 70人余が参列した。

 「長寿いも」で厚生労働大臣賞を受賞した青森県八戸市の小泉祐悦・小泉製菓代表は「青森特産の長いもは、鬼の金棒のように太さもある。長いもの粘りは糸を引くので菓子にするのが難しく、これを解決 するのに12年ほどかかった。2年前に観光協会会長賞をいただいたが、今回大臣賞に選ばれて大変光栄」と感激した表情だった。



沖縄県物産公社が県産品販売店「わした」をFC展開

銀座わした  沖縄の県産品を販売する県の第三セクター沖縄県物産公社(沖縄・那覇市)は、直営展開している沖縄県産品販売の店「わしたショップ」のフランチャイズ(FC)展開に乗り出す。
 「わしたショップ」(写真=「銀座わした」)は国内で札幌、東京、名古屋、大阪2店、福岡、沖縄県内3店の計9店鋪を展開しているが、現在はすべて直営。卸事業拡大の面からも 多店鋪化は有効となるが、直営では店鋪開設の初期投資費用などがかかるため、オーナーを募集して店鋪拡大を進めていくことにしたもの。

 同社では、「できれば全国の主要都市に出店したい。FC店鋪の規模は20坪前後で、取り扱い商品は約1500アイテム、運営スタッフは5〜6人、月商目標500万円 をイメージしている」と説明する。
 FC出店については、希望者一人ひとり面接して決めていくが、物件の選定段階から応援していく方針だ。4月の年度初めにもFC1号店を立ち上げ、初年度は2店鋪位、 3年ほどかけてFC20店鋪体制を築きたい考え。



「全国地場産フェア 東京」、昨年を上回る来場者

家具調オルゴール 「全国地場産フェア」(主催=経済産業省中小企業庁、全国中小企業団体中央会)が1月25〜27日に東京・池袋のサンシャインシティで行われ、昨年を大きく上 回る6万3,500人が来場した。

 繊維や陶磁器・ガラス工芸品、木製品など各地の優れた技術力を活かした高付加価値商品も多数出品され、国内地場産業の底力をアピールする絶好の機会となった。
 長野・松本の高山家具製作所は高級家具調オルゴール(写真)を出品、引き合いもあったと話す。同品は128万円の高額品にもかかわらず、昨年1年間で8台売れたという。



 HOME

Copyright 2002 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます