北海道の観光土産品業界、春の見本市が始まる

  北海道の観光土産品問屋による春の見本市が始まった。
 秋の展示会から、5月連休のシーズンインに向けて春の開催に比重を移す傾向がみられ、 今春は、函館の不二屋本店が2月20〜21日に函館市流通センターで開催したのを皮切りに11社が3月前半に開催する(昨秋は4社が開催)。 3月開催の見本市日程は次の通り。

 △北海道観光物産興社=6〜8、同社本社 △ほくみん=6〜8、同社札幌 △小六=6〜7、同社 △日本観光商事=5〜8、同社 △北川商事=5〜6、しんきんけんぽ会館 △北日本民芸=6〜8、同社 △鈴木宝飾=6〜8、同社 △吉昌=6〜8、同社 △ハラダ=14〜15、北海道経済センター △不二屋本店札幌店13〜14、北海道経済センター △みやま=4〜6、苫小牧新生台福祉センター。



 HOME

Copyright 2002 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます