地域産品チャネル 土産品・特産品の流通支援サイト
土産品新聞社
■お天気■ メール:info@e-bussan.co.jp

今月の物産催事
 百貨店の物産展
 アンテナショップ
 展示会/商談会

売れ筋ランキング
 空 港
 東京駅
 アンテナショップ
 ふるさと小包


20世紀を代表する
土産品アンケート
入会・購読
|購読者の皆様へ|
会員専用サイト
EBJ オンライン

 [主な内容]

・取引情報掲示板
・事業者概要
・商品ガイド
・売れ筋ランキング
・百貨店の物産展
・企業の決算データ
・県別観光客入込数



今夏の東京みやげ <東京駅>

 東日本キヨスクは、「東京ばな奈」をはじめとする定番商品の人気が予想される。
 消費者の本物志向が見られる中、「舟和芋ようかん」は日持ちはしないが売上を伸ばしている。
 販売開始から1年半になる「ごまたまご」は、ユニークな口上の演出効果などもあり、新たな東京みやげとして定着してきた。

 また、東京駅構内の中央通路に東京・目黒の「御門屋」(みかどや)が4月に出店しており、「揚げまんじゅう」(1個、90円)が好調。
 7月下旬からは上野駅開業120周年を記念して高崎線の電車を型どった「JRトレイン君」(クッキー、600円)を1万缶限定販売する。


 東京駅八重洲南口の地下名店街にある東京みやげセンターでは、夏季限定の「アイスケーキ」(10個、600円)、「涼水小路」(15個、500円)、 びわ、いちご、白桃の3種の味がそろう「プリンのたまご」(6個、各600円)といった涼しげな菓子を取り揃えている。

 東京みやげとしておなじみの「月島もんじゃ焼」(1000円)は、商品横で作り方の説明VTRを流している。 「月島もんじゃ焼」は発売から6年になるが、今や東京みやげとしてすっかり定着している。

 地域産品チャネル トップページに戻る
  地域産品に関するニュースはメール info@e-bussan.co.jp  
 または FAX 042−320−5233まで。

Copyright 2003 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます