2011年土産品市場、
半数が「横ばい」予想/本誌アンケート

 土産品新聞社が昨年暮れに行った「土産品業界の2011年景気見通しアンケート」では、2011年の土産品市場見通しは、「横ばい」予想が最も多く、 回答者の半分を占めた。前年のアンケート時には「やや下降」予想が最も多かったことから考えると、今年は少し上向くのではないかとの期待が感じられた。
 「2010年の土産品業界重大ニュース」では、「食べるラー油のヒット」を挙げた企業が最も多く、 また、「2010年の土産品大賞」を選ぶとすれば何がふさわしいかの質問でも、各地で地元素材を活用したご当地バージョンが数多く誕生したこともあり、 「食べるラー油」がダントツだった。



Copyright 2011 土産品新聞社 All Rights Reserved 許可なく転載を禁じます